算数のような計算する時間を、生活に取り入れてみよう

生活を楽にできるネットスーパー 歳をとるにつれて、計算することが少なくなってきます。仕事内容によっては計算することが多い人もいらっしゃるかもしれません。しかし、普段の生活で計算しない日が続くと、ふとしたときに暗算ができなくなってしまいます。スーパーで買い物をしていて、お会計のときにいくら出せばお釣りが少なく返ってくるのかというような工夫をしてみましょう。日々の生活の中で意識して計算をすると、暗算も早くなります。

近年ではIT技術が発展していて、細かい計算はすべて機械がやってくれます。また、電卓も携帯電話やスマートフォンにあるので、簡単な計算もすぐに電卓を使っている人も多いでしょう。最近自分で計算していないと感じている人は、一度小学生の計算ドリルに載っているような算数をやってみてください。想像以上に脳をフル回転させて、問題を解いていることに気づくでしょう。

脳トレアプリに簡単な計算が使われるように、大人になると小学校の簡単な計算でも億劫になってしまいます。脳をあまり刺激させないでいると、忘れやすくなったり、新しいことを覚えることが難しくなってしまいます。日常生活で2桁のたし算、ひき算、かけ算、わり算程度の計算は、なるべく暗算するようにしましょう。そうすることで、いつまでも脳が活性化して、認知症の予防にもつながります。

Copyright (C)2019生活を楽にできるネットスーパー.All rights reserved.